前へ
次へ

大阪の食文化、粉もんが現れた背景とは

大阪は、たこ焼きやお好み焼きなどを初め、粉もんによる食文化が有名な地域です。
江戸時代から大阪では、粉もんの文化が有名だった訳ではありません。
大阪で粉もん文化が現れたのは、第二次世界対戦後であり、戦後の食糧難が背景に隠されているのです。
アメリカは、日本の食糧難を防ぐために、日本へ大量に小麦粉を提供しました。
小麦粉の普通を増やすために、キッチンカーを使って宣伝を考えたのです。
初めてキッチンカーを走らせる地域が選ばれたのは、大阪です。
大阪が選ばれた理由は、確かな情報はありません。
食糧難は、都会に集まっている傾向も高く、東京と福岡の中心にある都市として最適だった可能性も考えられるでしょう。
大阪は、食い倒れと言われるほど、食に対する文化が強い傾向にもあります。
大阪で広がれば、全国に広がる可能性が高いと、判断された可能性もあるのではないでしょうか。
大阪の粉もん文化は、食糧難が背景にあるため、手軽な材料で料理ができる特徴も持ち合わせています。

Page Top