前へ
次へ

コラーゲンを食べるとコラーゲンが増えるか

肌の老化現象は誰にでも訪れる現象になります。
わかっていながらもできるだけ防ぎたいと考えているでしょう。
肌の老化現象の要因の一つとしてコラーゲンの現象があります。
肌の下にはコラーゲンがあり、これが張りなどを保ってくれています。
コラーゲンが少なくなると、しわなどができやすくなります。
コラーゲンが失われてきたとき、コラーゲンを食べればコラーゲンを増やせるかです。
美容系の健康食品にはコラーゲンが入っているものが売られています。
その他魚や鶏肉などのコラーゲンが美容にいいと聞いたことがあるでしょう。
これらを食べたからと言ってそのままコラーゲンになるわけではありません。
コラーゲンを食べてコラーゲンにならないのは、人の毛を食べて人の毛にならないのと同じような考えです。
ただコラーゲンを食べればたんぱく質として取り入れられます。
最終的には一部は体のコラーゲンになる可能性はあります。
コラーゲンを摂取するより、たんぱく質を摂取するようにすると良いでしょう。

Page Top