前へ
次へ

両方を同時に売ってくれやいと思うとき

日本はどういうわけか今も昔も地域によってスープの味が若干異なっています。
スープで異なってるのはうどんやそばのスープです。
西日本では白だし系のしょうゆが使われていてスープは透明色に近い色が主流です。
しかし東日本へ行くとそのスープが黒い濃い色になってしまって、西日本に住んでいる人からすれば、見ただけで衝撃を受けてしまいます。
もちろんスープの味も確かに違います。
この地域差のために某有名企業が製造しているインスタント蕎麦ではカップにEやWが記載されています。
西日本ではWが東日本ではEがついたのが販売されています。
その境界線は関ケ原付近だといわれています。
この両者を食べ比べると確かにスープの色や匂いが異なるのを確認することができます。
ここで一部の人にとっては店頭で両方売ってくれるとありがたいわけですが、今もそれは実現していません。
西日本でEを食べたければ現地まで出かけてその商品を大量購入して持ち帰るか、通販で選んで買うしかありません。

Page Top